個人再生(民事再生)とは

個人再生は、裁判所が認めた再生計画に基づいて、住宅ローンを除く借金の総額の1/5または100万円のいずれか多い額を3年間で返済することができれば残りの借金は免除されるというものです。

個人再生には、「小規模個人再生」「給与所得者等再生」「住宅ローン特則」があり、小規模個人再生を利用できるのは、負債総額が3,000万円以下の個人で、将来的に継続してあるいは繰り返して収入を得る見込みがある人です。
小規模個人再生の場合は債権者の消極的同意が必要となります。
給与所得者等再生を利用できるのは、将来の収入の見込みにおいて、「給与またはこれに類する定期的な収入を得る見込みがある者で、その額の変動の幅が小さいと見込まれるものであること」とされています。
簡単にいうと、公務員やサラリーマンということになります。
この場合は、債権者の同意は不要です。

住宅ローン特則は、予定通りに住宅ローンを支払うことが困難となった債務者について、マイホームを手放さなくても済むように返済方法の見直しを行い、住宅ローンの支払い猶予を認める制度です。
ただし、住宅ローンは免除・減額はできません。

個人再生、民事再生を扱う法律相談所を探すなら・・・

民事再生とは? – 東京債務整理サーチ
民事再生とは? - 東京債務整理サーチ
東京債務整理サーチでは、個人再生、民事再生に関する法律内容や特徴、民事再生を行う際のメリットや注意すべき点などを詳細に掲載しています。また、東京都内の法律相談所や弁護士事務所も紹介していますので、相談所をお探しでしたら、ぜひ利用してみてはいかがでしょう。
This entry was posted in 債務整理の種類. Bookmark the permalink.

Comments are closed.

他にもこんな関連記事があります