特定調停とは

特定調停は、簡易裁判所を利用して、債務者本人と債権者の間に裁判官が仲裁に入り、双方の主張を加味したうえで妥当な解決案を協議します。

特定調停できる主な条件としては、「将来的に返済が不可能になる恐れがあること」、「特定調停成立後3~5年で全額返済できること」、「毎月決まった収入があること」などがあります。
申し立ては、専門家へ依頼しても自分自身で行っても大丈夫です。
自分自身で行えば、費用は借入先の数に応じた切手代や収入印紙代くらいで済みます。
ただし、特定調停は手続きも面倒で、裁判所へも何度も足を運ばなければならないため、本人の負担は大きいといえます。
専門家に依頼することで、面倒な手続きなどをすべて任せることができますし、債権者からの取立てや催促などがなくなります。

特定調停成立後は無利息で返済できるようになりますが、ブラックリストに名前が載ります。
返済計画通りに返済できなければ、債権者に代わって国が強制的に財産を回収します。

借金返済の法律に関することをお探しなら・・・

特定調停とは? – 東京債務整理サーチ
特定調停とは? - 東京債務整理サーチ・・1
法律事務所や相談所を扱っている東京債務整理サーチでは、特定調停に関する特徴や利点、欠点を詳しく掲載しています。また、東京都にある法律相談所を検索できるサービスも行っています。法律相談所をお探しでなかなか見つからなければ、一度、利用してみてはいかがでしょうか。
This entry was posted in 債務整理の種類. Bookmark the permalink.

Comments are closed.

他にもこんな関連記事があります