債務整理とおまとめローンの違い

債務整理は、法的な手続きによって借金問題を解決する方法です。

債務整理には、任意整理、特定調停、個人再生、自己破産の四種類があり、手続きすることで借金を無くしたり、大幅に減額することができ、また、払いすぎていたお金(過払い金)を取り戻せる場合もあります。
債務整理するとブラックリストに載ってしまうので一定期間、クレジットカードを含む借り入れができなくなります。

一方、おまとめローンは、法的な手続きを行わずに借金を一本化する方法です。
複数の金利の高い業者から借りている場合に、金利が低いローン一本にまとめてしまうことで、月々の返済額を減らすことができます。
ただし、おまとめローンの場合は一本化できるだけであって借金の元本は減らず、利息も発生し続けます。
借金の返済は継続するため、将来的に継続して返済能力が見込める人に限られた方法といえます。

また、借り入れの限度額が総量規制により「個人の借入総額が年収の3分の1」と定められたため、借入額の合計がそれほど大きくない人でないと適用できません。

東京で債務整理相談所をお探しなら・・・

東京で債務整理に強い法律事務所を紹介
東京で債務整理に強い法律事務所を紹介
法律を駆使して借金苦から抜け出したければ、一人で悩まずに東京債務整理サーチを利用してみてはいかがでしょう。東京債務整理サーチでは、東京23区、東京市部、西多摩郡、島部に点在する債務整理相談所や法律事務所を紹介しています。債務整理の経験豊富な弁護士が親身になって対応し、最善の方法が見つかります!
This entry was posted in 債務整理と他の方法の違い. Bookmark the permalink.

Comments are closed.

他にもこんな関連記事があります