債務整理が終わったら

債務整理を行ったあとは、信用情報に記録が残ります。
一度ブラックリストに載ってしまうと、もう一生クレジットカードを作ったり、借り入れを行ったりすることはできないと思っている人も多いようですが、そんなことはありません。

確かに5~10年はその通りですが、時が経てば信用情報から事故情報は削除されますので、その後はまたクレジットカードを作ったり、借り入れを行ったりすることはできるようになります。
事故情報が削除される時期はその個人信用情報機関によっても違うため、一刻も早く事故情報が削除されたかどうかを知りたいというのであれば、毎年、個人信用情報機関に自分の情報を開示して、事故情報が消えているかどうかを確認するといいでしょう。
ちなみに、巷で「ブラックリストから削除する方法」を販売している業者がいるようですが、そんな方法は存在しませんのでそうした甘い罠には騙されないようにしましょう。

また、債務整理後であっても、過払い金を債権会社から返還してもらうことはできます。
債務整理後10年のうちに返還請求を行えば、債権会社には返還義務が生じますので、悪徳金融会社でもないかぎり応じてくれるはずです。

This entry was posted in 債務整理が終わった後は・・・. Bookmark the permalink.

Comments are closed.

他にもこんな関連記事があります