債務整理をしたら出来なくなる契約とは?

債務整理を躊躇してしまう理由の一つにはその後の生活になにか支障がでるのではないか、家族に迷惑をかけるのではないかなとといった理由もあります。
自己破産をするとどうなるのだとか、そんな噂を耳にしたこともあるのではないでしょうか。

良く聞くのが自己破産をすると選挙権が無くなる何ていう話がありますが、それはありません。
当然、自己破産よりも任意整理や民事再生などにおいてもそういった制限はありません。

ただし、どの債務整理であっても、それをしたことでできなくなることはあります。
それはクレジットカードの契約、お金の仮入れです。
このクレジットカードの契約ですが、一生できないということではなくて、一定の期間を過ぎれば新たに契約を結べる会社もあるそうです。
ブラックリストに載る何ていう言葉もありますが、会社によっては期間を過ぎれば消去され、新たに契約を結ぶことができたり、反対に何年たっても、契約できないクレジットカード会社があるのだそうです。

This entry was posted in 債務整理が終わった後は・・・. Bookmark the permalink.

Comments are closed.

他にもこんな関連記事があります