債務整理をしたら出来なくなる契約とは?

債務整理を躊躇してしまう理由の一つにはその後の生活になにか支障がでるのではないか、家族に迷惑をかけるのではないかなとといった理由もあります。
自己破産をするとどうなるのだとか、そんな噂を耳にしたこともあるのではないでしょうか。

良く聞くのが自己破産をすると選挙権が無くなる何ていう話がありますが、それはありません。
当然、自己破産よりも任意整理や民事再生などにおいてもそういった制限はありません。

ただし、どの債務整理であっても、それをしたことでできなくなることはあります。
それはクレジットカードの契約、お金の仮入れです。
このクレジットカードの契約ですが、一生できないということではなくて、一定の期間を過ぎれば新たに契約を結べる会社もあるそうです。
ブラックリストに載る何ていう言葉もありますが、会社によっては期間を過ぎれば消去され、新たに契約を結ぶことができたり、反対に何年たっても、契約できないクレジットカード会社があるのだそうです。

Posted in 債務整理が終わった後は・・・ | コメントは受け付けていません。

借金問題解決

もうどうやっても返せない借金、毎日の取立に追われてびくびく凄し、生きていく事もままならないと思った時にもう解決方法なんてないと思ってしまいがちですが、日本という国ではこの借金問題に悩む人を救済してくれる債務整理という方法が残されています。

これは債務者である本人でもすることができますが、できることならば法律家である弁護士や司法書士に依頼すると問題なくスムーズ解決に導けると言えるでしょう。
これをすることで借金を減らしたり、免責にしたり、借金返済方法を変える等と言った手段でその借金問題を解決してくれます。
これは借金の額や借金の契約期間等でどんな方法が有効か変わってきますので、自分にあった解決方法をを見つけ出してもらうために、まずは借金についてを調べる必要があり、そこに法律家の手が必要になってくるという事です。
借りたお金を返す努力はとても大切な事です。

自分のした事に責任と義務を持って債務整理をする様に心がけましょう。

Posted in 債務整理の種類 | コメントは受け付けていません。

債務整理が終わったら

債務整理を行ったあとは、信用情報に記録が残ります。
一度ブラックリストに載ってしまうと、もう一生クレジットカードを作ったり、借り入れを行ったりすることはできないと思っている人も多いようですが、そんなことはありません。

確かに5~10年はその通りですが、時が経てば信用情報から事故情報は削除されますので、その後はまたクレジットカードを作ったり、借り入れを行ったりすることはできるようになります。
事故情報が削除される時期はその個人信用情報機関によっても違うため、一刻も早く事故情報が削除されたかどうかを知りたいというのであれば、毎年、個人信用情報機関に自分の情報を開示して、事故情報が消えているかどうかを確認するといいでしょう。
ちなみに、巷で「ブラックリストから削除する方法」を販売している業者がいるようですが、そんな方法は存在しませんのでそうした甘い罠には騙されないようにしましょう。

また、債務整理後であっても、過払い金を債権会社から返還してもらうことはできます。
債務整理後10年のうちに返還請求を行えば、債権会社には返還義務が生じますので、悪徳金融会社でもないかぎり応じてくれるはずです。

Posted in 債務整理が終わった後は・・・ | コメントは受け付けていません。

債務整理とおまとめローンの違い

債務整理は、法的な手続きによって借金問題を解決する方法です。

債務整理には、任意整理、特定調停、個人再生、自己破産の四種類があり、手続きすることで借金を無くしたり、大幅に減額することができ、また、払いすぎていたお金(過払い金)を取り戻せる場合もあります。
債務整理するとブラックリストに載ってしまうので一定期間、クレジットカードを含む借り入れができなくなります。

一方、おまとめローンは、法的な手続きを行わずに借金を一本化する方法です。
複数の金利の高い業者から借りている場合に、金利が低いローン一本にまとめてしまうことで、月々の返済額を減らすことができます。
ただし、おまとめローンの場合は一本化できるだけであって借金の元本は減らず、利息も発生し続けます。
借金の返済は継続するため、将来的に継続して返済能力が見込める人に限られた方法といえます。

また、借り入れの限度額が総量規制により「個人の借入総額が年収の3分の1」と定められたため、借入額の合計がそれほど大きくない人でないと適用できません。

東京で債務整理相談所をお探しなら・・・

東京で債務整理に強い法律事務所を紹介
東京で債務整理に強い法律事務所を紹介
法律を駆使して借金苦から抜け出したければ、一人で悩まずに東京債務整理サーチを利用してみてはいかがでしょう。東京債務整理サーチでは、東京23区、東京市部、西多摩郡、島部に点在する債務整理相談所や法律事務所を紹介しています。債務整理の経験豊富な弁護士が親身になって対応し、最善の方法が見つかります!
Posted in 債務整理と他の方法の違い | コメントは受け付けていません。

特定調停とは

特定調停は、簡易裁判所を利用して、債務者本人と債権者の間に裁判官が仲裁に入り、双方の主張を加味したうえで妥当な解決案を協議します。

特定調停できる主な条件としては、「将来的に返済が不可能になる恐れがあること」、「特定調停成立後3~5年で全額返済できること」、「毎月決まった収入があること」などがあります。
申し立ては、専門家へ依頼しても自分自身で行っても大丈夫です。
自分自身で行えば、費用は借入先の数に応じた切手代や収入印紙代くらいで済みます。
ただし、特定調停は手続きも面倒で、裁判所へも何度も足を運ばなければならないため、本人の負担は大きいといえます。
専門家に依頼することで、面倒な手続きなどをすべて任せることができますし、債権者からの取立てや催促などがなくなります。

特定調停成立後は無利息で返済できるようになりますが、ブラックリストに名前が載ります。
返済計画通りに返済できなければ、債権者に代わって国が強制的に財産を回収します。

借金返済の法律に関することをお探しなら・・・

特定調停とは? – 東京債務整理サーチ
特定調停とは? - 東京債務整理サーチ・・1
法律事務所や相談所を扱っている東京債務整理サーチでは、特定調停に関する特徴や利点、欠点を詳しく掲載しています。また、東京都にある法律相談所を検索できるサービスも行っています。法律相談所をお探しでなかなか見つからなければ、一度、利用してみてはいかがでしょうか。
Posted in 債務整理の種類 | コメントは受け付けていません。

個人再生(民事再生)とは

個人再生は、裁判所が認めた再生計画に基づいて、住宅ローンを除く借金の総額の1/5または100万円のいずれか多い額を3年間で返済することができれば残りの借金は免除されるというものです。

個人再生には、「小規模個人再生」「給与所得者等再生」「住宅ローン特則」があり、小規模個人再生を利用できるのは、負債総額が3,000万円以下の個人で、将来的に継続してあるいは繰り返して収入を得る見込みがある人です。
小規模個人再生の場合は債権者の消極的同意が必要となります。
給与所得者等再生を利用できるのは、将来の収入の見込みにおいて、「給与またはこれに類する定期的な収入を得る見込みがある者で、その額の変動の幅が小さいと見込まれるものであること」とされています。
簡単にいうと、公務員やサラリーマンということになります。
この場合は、債権者の同意は不要です。

住宅ローン特則は、予定通りに住宅ローンを支払うことが困難となった債務者について、マイホームを手放さなくても済むように返済方法の見直しを行い、住宅ローンの支払い猶予を認める制度です。
ただし、住宅ローンは免除・減額はできません。

個人再生、民事再生を扱う法律相談所を探すなら・・・

民事再生とは? – 東京債務整理サーチ
民事再生とは? - 東京債務整理サーチ
東京債務整理サーチでは、個人再生、民事再生に関する法律内容や特徴、民事再生を行う際のメリットや注意すべき点などを詳細に掲載しています。また、東京都内の法律相談所や弁護士事務所も紹介していますので、相談所をお探しでしたら、ぜひ利用してみてはいかがでしょう。
Posted in 債務整理の種類 | コメントは受け付けていません。